振り出しに戻る。

そう聞くと、なんとなく今まで行ってきたことの全部が無駄になってしまったような、

そんながっかりとした気分になってしまいます。

すごろくなどのゲームでは、そうかもしれません。

でも、でも・・・。

私たちケアマネジャーの支援の現場でも、同じでしょうか。

手を替え、品を替え、いろいろやってみたけれど、うまくいかない。

だったら、仮説の立て方がまずかったのではないかと、

まず、仮説立てなおすことから始めてみる。

つまり、それまでの時間は、仮説1ではうまく行かなかったということがわかったということであり、

それを知れたという、それはそれで大切な時間だったということ。

決してすごろくのように、今まで積み重ねてきたことが無になることと、同じではないということ。

振り出しに戻る。

という響きが、違って聞こえてきませんか。

(投稿 @あろま)