「歩み」

 

歩みを止めない…

というけれど、どこに向かって歩いているのかわからなくなる時がある。

 

あなたの人生の一部を垣間見ただけで、私はケアプランを作成する。

「いまさら目標って…」あなたは言う。

あなたの人生、あなたらしく生き抜いてほしいから…

嘘ではないのだけれど、嘘っぽく安っぽく聞こえてしまう。

 

突然、人生の終盤とも思える時期に、ふっと湧いて出たかのような存在の私。

突然の登場なのに、あなたはこれまでの人生を振り返りながら、大切に言葉を紡いでくれる。

私に対する優しさを感じる。

 

「あなたは何をしてくれる人ですか?」あなたは私に向って問う。

 

あなたがあなたらしく生きられるようにお手伝いをさせてほしい…

あぁ、安っぽい。

あなたに寄り添った支援をさせてほしい…

おこがましい。

 

歩みを止めずに進み続けていたら、わかるのだろうか。

「あなたは何をしてくれる人ですか?」

いつの日か、この問いに私はきちんと答えられるのだろうか。

 

でも、このままここに留まっていては、私自身がもっと嫌いになりそう。

 

やっぱり歩んでいよう。

答えを探しながら、歩み続けていたい。

そう、私には仲間がいるのだから。

 

@memi