パソコンを新しくしました。

それまでのパソコンと、キーボードのアルファベットの配置は同じなのに、

微妙なサイズの違いやタッチの感覚の違いがあるのか、

打ちにくさを感じます。

それに、それまでのパソコンは、キーボードに向かって右側のテンキーが壊れていたので、

しばらくの間、使っていませんでした。

新しいパソコンは、もちろんテンキーも使えるのですが、

ついつい、キーボードの上に並んでいる数字キーに手が行ってしまいます。

そういう癖が、ついてしまったんですね。

しばらくの間、テンキーを使うことを意識すれば、

いつの間にか普通にテンキーで数字をたたいていることでしょう。

癖を治すには、少しの間、意識して行動することが必要なのかもしれません。

それは、「考える」という行動についても、同じであるように思います。

(投稿 @あろま)