「旅」

 

「うわぁ。」手を顔の前にかざし、歓呼の声があがる。

声の主は100歳の女性。

テレビには満開の桜。風に花びらが舞っている。

昔を思い出したのか、目元はうるっとしている。見ているこちらまでなぜかうるっとしてしまう。

 

感動的な音楽も一緒に流れているが、彼女にはほとんど聞こえていない。

 

桜吹雪にどんな思いを馳せたのか。

 

私は彼女の表情が音楽よりも映像よりも貴くて、なんだか聞くことが野暮な気がしてためらわれた。

 

一人一人の大切にしたい思いを踏みにじらないように、たくさんの思い出が飾られた過去に遡る道を一緒に歩かせてもらう。

過去に遡る道の途中、今の困っていることに繋がるヒントがあるはずだ。その思いに耳を傾けたい。

 

今も過去も大切に、桜吹雪が舞う過去への道【100年の旅】をご一緒させていただく。

 

@memi