話すにしろ、書くにしろ、人に何かを伝えるには作法があるようです。

作法という言葉使いが難しいようでしたら、

マナーといったほうが、イメージしやすいでしょうか。

では、ケアマネジャーにとってのマナーはなんでしょう。

いろいろなマナーがあると思いますが、

その一つに、「わかりやすく説明する」ということをあげることはできないでしょうか。

わかりやすい、ということは、筋道が通っているということです。

これが、意外と難しい。

筋道を立てて話す。

筋道を立てて書く。

その時に、一度、描いておくと、それらが行いやすくなります。

その一つが、アローチャートです。

アローチャートは、筋道を立てて考える、説明するということのトレーニングになります。

(投稿 @あろま)