2か月ごとの開催のS事業所での事例検討会。

前回は、訪問介護のサービス提供責任者さんが、そして今回は、近隣の居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんがと、参加者が増えてきました。


 

まずは、恒例。事例を共通理解。

ついで、一人ワーク(写真を撮り損ねました)。

そして、二人でワーク。

DSC_0020

そして、5人でワーク。身を乗り出して、お互いに聞きあってますね。

DSC_0023

この時は、初回からの参加者が、初めての参加者に、考え方や描き方や、「これまでのわからないけど続けてみよう、そしてここまで描けるようになったのよ~」といった不安な気持ちや喜びもごちゃ混ぜにしながら、和気藹々とした時間が流れていました。

なので、初参加者さんに、私からの説明はなんにもなし。寂しくもあり、うれしくもある時間でした。

最後は、それぞれに描きあったアローチャートを発表。

これも、写真を撮ったのですが、それぞれの思いが詰まりすぎたのか、「容量オーバーで、取り込みができません」というメッセージが(^^ゞ

お見せできないのが残念です。


 

☆平成26年10月25日、26日開催
「アローチャート学会」
詳細は
コチラ↓↓↓↓
①学会要項
 ②学会参加申込書

 

☆「アローチャート研究会入会」ご希望の方は当ブログページトップ「アローチャート研究会会員の募集」からどうぞ~♪


s-sako-sake_small1[1]

(彦根には隠れゆるキャラ、しまさこにゃんもいるのです)