2018/9/27(木)
車で約2時間。倶知安町にある特別養護老人ホーム羊蹄ハイツでの開催された、第3回アローチャートカフェにお招きいただきました。

昨年小樽市で開催されたアローチャート学会にもご参加頂いた方が代表となり、倶知安町を拠点に、自主的に学び始め、今年の7月よりアローチャートカフェとして専門職の方々で集まり学びを共にされています。

この日も介護支援専門員、社会福祉士、相談支援専門員や役場、社会福祉協議会の方等、多方面に渡る方々凡そ20名のご参加でした。

7月に開催された記念すべき第1回にもお招き頂き、大半の方々がお会いした事のある、1度はアローチャートを学んだ事のある方でした。

冒頭とても歓迎的なムードでお出迎え下さったアイスブレークから始まり、アローチャートについてお浚いしました。

そして、個人ワークにてチャートを用いてご自身の①情報の収集②課題分析を行いました。皆様時折笑い声が聞こえる中楽しみながらスラスラと書き始めていました。

その後6テーブルに分かれてのミニ事例検討を行いました。

情報量が少ない中で質問をしながらテーブルごとに対話をしながらチャートを作成していきました。
テーブルの発表ではチャートを披露しながら、テーブルでどの様な話し合いが行われたのか、又テーブルで立てた仮説の形成の発表を行いました。

平日の勤務後にも関わらず、音楽の掛かるカフェのリラックスした雰囲気の中、皆様とても熱心に、笑顔を見せながら学ばれているのが印象的でした。

代表の方のお人柄に触れ、こんなにも魅力ある人たちがこの場を作り上げている意味の解るとても暖かい空間でした。

今回お招き頂きましたアローチャートカフェの皆様、貴重な機会をありがとうございました。

(和楽)