A子「なあ、ミロって知ってる?」
B子「子どもの頃によう飲んだわ、牛乳に入れてな。」
A子「あれ、溶けきらずに上に粒が浮かぶのなあ。、、、って、ちゃう!」
B子「強い子のミロやろ。」
A子「麦芽飲料ちゃうねん。ホワイトボードアプリのミロや!」

A子によると、ミロは無限の可能性が広がっているという。

そのサイズはとてつもなく大きく、どんどん情報を描き込んでいくことができる。
しかも複数の人数で共有できる。

A子によると、事例検討会にも向いているという。

実は滋賀県支部は何度かmiroを活用する機会に恵まれ、来たるアローチャート学会オンラインで、実際のmiroを使って様々な機能を披露することになったのだ。

甘い飲み物としかミロをイメージできていなかったB子は、興味津々である。

B子「それ、何日の何時から見れるんや。」
A子「今月21日の15時30分頃かな。」

A子「まずは、学会申し込みをこのフォームでしてね。💕」

https://bit.ly/3mfE9mz

22日には、大分と愛媛メンバーをつなぐ勉強会が、miroを使った事例検討を学会内で行うので、何やら滋賀県支部がお互い協力し合おうと、手を繋いだらしい。

なんだか気になる。ミロって何?それで何ができるの?

そう思った方は、ぜひご参加くださいませ。
お待ちしております〜〜。

(投稿者@PAO)