通勤時の車内や、朝のお弁当作りの時。

私は常に音楽を流している。

なんとなく、シーンとしたのが嫌なので、何でもいいので音を聞く。

今でこそ、配信なんかで音楽がより身近に手軽なものになった気がする。ききたい時に、ききたい曲を手に入れることが容易に出来るようになった。

そんな中でも、実際にCDLPを手にとり、ケースや歌詞カードの質感を味わうのも楽しみの1つである。レコード独特の音や、スピーカーから流れる音も味がある。

ちょっと怒りを発散したい時

嬉しい時、楽しい時

私の抱える様々な情況に寄り添ってくれたり、吹き飛ばしてくれたりする音楽。

「その時」耳にしたい曲を選んで聴く。

隙間だらけの心に、じわじわと沁みいる感じがする。

こんな時だからこそ、意識して生活に「音」を入れてみる。

コロナ禍となり、真っ先に「不要不急」と言われた音楽(エンタメ)に、私の生活は支えられているのだと、改めて思った。

 

 

(投稿者@辛酸)