7月16日、東京都昭島市と北海道北見市でハングアウトを使ってコラボ勉強会を開催しましたが、今回は結構、衝撃的だったんです。

3回目となるコラボ勉強会ですが、回を重ねるごとに参加者も増え

・東京都 あきしまアローチャート自主勉強会
・北海道 アローチャート自主勉強会@北見
・山口県 吉島会長
・島根県 畑岡さん
・神奈川県 色部さん
・愛媛県 米田さん
・宮崎県 中村さん
・E市 Kさん

の皆さまと、ひとつの事例を検討しました。


1

プロジェクションして北見と昭島両会場がコラボ!

今回の事例は60代の男性でしたが
どちらかと言うと主介護者である奥様に

何かがあるような・・・

3

事例提供者の方が各地からの質問に答えてます!

目当てをつけた会長からは
フッサールさん(現象学)とかレヴィンさん(社会心理学)とか
名前が出ましたが(笑)
なんとも、内容は、10月25日・26日に滋賀県彦根市で行われる「アローチャート学会」での内容に繋がるアカデミックなものに発展!!

そこには事例提供者も驚くような繋がりが見えてきました。
完全にパラダイムシフトしたので、参加者も騒然とした感じでした。

続きというか、深掘りは、学会でということになりましたが・・・(笑)
う~、我慢できない!
キーワードだけ言っちゃいます。
「カオスとコンフリクト」
ますます、学会が楽しみになってた感じです。

<昭島市 石田、 北見市 安達>


ハングアウトの使用方法はまだまだ未熟ですが、思っていたより手軽にできる便利なツールです。

皆さま、お疲れ様でした(*’-^*)-☆

広報部@いしだ・あだち