吉島ゼミ 3期生(講師養成課程)「カワセミ」の受講生が感想や意気込みを吐露するwリレートーク!9回目

今回は、ゼミ生から「ふみちゃん」の愛称で呼ばれている、あの人です。

『憧憬』と『嫉妬』。
これは1クール目初日の「人間的魅力って何だ?」という問いに対する私の答えでした。

『講師には人間的魅力は必要だが、そんなものは何だか分からない』
これが2クール目の初日に先生からの言葉でした。
魅力なんて自分で身に纏うものではなく、自分が歩いてきたところに、誰かが蒔いてくれる種みたいなものかもしれません。
でもその種を枯らさぬように水を撒き、肥料を与えていくのは自分自身なのだと思います。
自分の周りでは早々に花を咲かせている人がいるかもしれません。それはまさに『嫉妬』であり『憧憬』でもあるのです。
しかしそう思われていたいと思う自分もまたいるのです。
これが学び合いであり、仲間をつくり、大切に思うということなのだと。
美しい花、可愛い花、不思議な花、見たことのないような花、いい香りのする花……様々な花を自分らしく咲かせながら互いに憧れそして羨む。
でも一つ確かなことは、カワセミメンバーの花は枯れません。それは仲間が枯らさせない強い意志を持っているからです。
カワセミはこれからもホバリングをしながら翔びます!!

@ふみちゃん