『第二回アローチャート勉強会in芦屋』
平成29年1月18日(水)の18:30より
芦屋の木口記念会館にて二回目のアローチャート勉強会がありました。

参加者23名、熱心に取り組まれる皆さんの姿が印象的でした。

どの勉強会にも、それぞれカラーがあります。大出さん、前回も今回も
『非常に緊張した』そうですが
私から見たアローチャート芦屋の特徴は

アセスメントとは?専門性とは?
アローチャートで使用する部品は?

参加者に質問をふりながら
ひとつづつ、まるで彫刻刀で刻んでいくように丁寧に進めていく。

きっと芦屋にもアローチャートは根付いていく
そう確信できる勉強会でした。

参加者さんの印象

情報と情報をつなぐのに苦心されていました。今回他県の黒バッチも6名ファシリとして参加しており、参加者さんに
『まずは上手に描く事より、とにかく描く事に慣れるように』とお伝えしました
あと3~4回はしっかりアローチャートの部品の説明が必要では?

と勉強会後の反省会で意見がありました

(広報部@くりごはん)