アローチャートを描きながら、その情報がプラスかマイナスかを迷うということがあります。

客観的情報であれば、比較的考えやすいですが、主観的事実ともなると、その迷いは深くなります。

プラスかマイナスかを迷ったとき、まず見つめるのは、その情報そのものです。

どのような対話の流れで、そのことを語られたのか。

別の流れで、類似されたことを語られてはいないか。

「~したい」からプラス、「~したくない」からマイナス、という判断基準に迷わされてはいないか。

プラスかマイナスかを迷う。

それは、振り出しに戻るサインともいえるのではないでしょうか。

(投稿 @あろま)