子供の頃はあまり行きたくはなかった。

自分の先祖が眠っている場所だが

どうも苦手だった。

今は墓地も整備され、舗装が増え公園があり

昔よりはキレイで明るいイメージだ。

最近、苦手意識を感じないのは

その雰囲気ではなくて

おそらく子供と一緒に

行くようになったからだろう。

続くものを“脈”というのなら、

この場所は、私たち家族にとって

先祖から続く息遣いを

自分の中の“脈”として

感じ取ることができる場所なのだ。

(おしまい)

※物語はフィクションです。

by Dee