かつて8万人が住んでいたこの島

今は17,000人が点々と暮らしている。

この島では2025年問題はとうに通り過ぎてしまっている。

 

大家族が住んでいた大きな家に今は90歳の母が一人で暮らしている。

家の中には使わなくなった部屋がたくさんある。

 

盆が近づくと、その家で生まれ育った子供たちが孫を連れて帰って来る。

島の人口が一気に膨らむ。

閉ざされていた部屋に風が通される。

 

かつての島のにぎわいをひととき垣間見るような時期がまた巡ってきた。

 

(投稿者@まるあ)