「いつも勇気をもらっています。」と
言われることが、以前より多くなった。

特別なことをしているとは思っていない。
ただ、この年齢で現役選手を続けている人は
周囲にはいなくなった。

子供の頃は強くなりたかった。
負けたくなかった。
上手になりたかった。
それだけで練習をしていた。

初めての公式戦で
なんと優勝してしまった。

自分が一番強かったというよりは
非公式試合で負けた悔しさを練習にぶつけ
その結果がこのトロフィーになったと思うと
それまで頑張ってきたことが
認められたという嬉しさがあった。

あの頃も今も変わってはいない。
強くなりたい
負けたくない
上手になりたい

いや、少し変わったかも知れない。
相手だけではなく自分にも負けたくないのだ。

そして
誰かのために現役を続けている訳ではないが、
結果的にそのことが誰かの励みになり
その方達の声援が、
自分の背中を押してくれている。

何にも代えがたいトロフィーだ。

(おしまい)

※ストーリーはフィクションです。

by Dee