アセスメントは、一度だけでは終わらない。

いろいろな場面で、何度も繰り返される。

要介護認定の更新や区分変更申請を行ったとき。

新たな問題が生じたとき。

支援が滞ってしまい、うまくことが進んでいかないとき。

等々。

その時に、邪魔をするのが、それまでのアセスメント。

わかっているつもりになっていたり、思い込んでしまっていたり。

そうだから、そのことさえも気づけないままに、新たなアセスメントに取り組む。

新たにアセスメントをするとき。

それまで知っていると思っていることを、いったん白紙にしてみる。

ちょっと、意識してみませんか。

(投稿 @あろま)