「おめでとうございます!」

ありがとう、とは言うけれど
自分ではおめでたいかどうか分からない。

仕事に打ち込み続けていただけで、
特に意識することもなかったから…。

給料も増えるが仕事や責任も増える。
“務まるのかなぁ~?”

しばらくは仕事の夢ばかり見ていた。

ようやく新しい肩書に慣れたころ、
冠婚葬祭に出席する機会が
急に多くなったことに気付いた。

今まで、自分の責任を果たす事のみで
あまり周りのことを考えてなかったが、

実はたくさんの人に
支えられていたということを

今更ながら知るのであった。

(おしまい)

※ストーリーはフィクションです。

by Dee