明けまして おめでとうございます。

お仕事の真っ最中!という方もおられるかと思います。 ご苦労さまです。

さて、今年2018年は、(若い方々には敵いませんが)アローチャートを使って、2つのことにチャレンジします。
0. コミュニケーションの見える化
0. 家族アセスメントの見える化

よく考えてみると私たちは、家族にしてもコミュニケーションにしても、とても身近に、日々考えている営みです。そういう意味では「専門家」なのですね。

両者は、互いに深く関係しています。 アローチャートを使って、このことを皆さんと一緒に深めていきたいと思っています。

また、ハングアウトを使ったゼミナール(第5期生)を開きます。一騎当千の講師が、また誕生します。

そして、学会は「TOKYO」大会です。11月に東京で皆さんにお会いできることを、今から楽しみにしています。

2018年が皆さまにとって、意味ある、価値ある、やすらぎある、喜びある1年になりますよう、お祈り申し上げます。

アローチャート研究会
会長 吉島豊録