小学生の頃、
体育の授業で跳び箱があった。

最初は低いところから始めるが、
少しずつ段を重ね高くなっていく。

ある高さになると
“飛べるかなぁ~?”

そう思った時は
だいたい飛べない。

何度やっても同じだ。

一番上の台に座ってしまったり
登れずに止まってしまったり。

何が原因か考えた。
“こわいと思うから?”
“飛び方が悪いから?”

良く分からないのでイメージしてみた。

ロイター板から飛び上がり
上の台に両手をついて
向こう側に着地する。

“やってみよう”

助走を長くとり
スピードを上げてロイター板を踏んだ。

あとは一瞬の出来事であったが
向こう側のマットに着地して立っていた。

“よし!”

最近、仕事関係の飲み会で
ある人が言っていた。

「イメージしないところには行けない。」
と。

今、僕のイメージは、
漠然としているなぁ。

(おしまい)

※ストーリーはフィクションです。

by Dee