処遇困難事例のケース会議を開催するために、
敢えてシンプルなACを描いてみた。

すると、
このひとの生活課題は実にシンプルであったことに気づく。

多職種で検討する。

一歩下がって、このACを更に俯瞰して観る。

すると、
フェルトニーズをノーマティブニーズに一致させようとしていた自分が見え隠れ・・・

客観的にシンプルに描いたつもりでも、
やはりACは描き手の主観であったことに気づく。

リアルニーズ、
そこに気づきを得られるようACは支援者としての成長も教示してくれる。

@くんちゃん