その人は、

利用者であり、

患者でもあるが、

妻であり、

子であり、

母であり、

姉であり、

妹であり、

上司であり、

同僚であり、

部下であり、

ある人の友人であり、

そして、何より、その人自身である。

アセスメントが、一つであるわけががない。

(投稿 @あろま)