アローチャートを活用されている方々と親和性が高いiPadですが、日本時間で2018/03/28、アップルのイベントで新しいiPadが発表されました。

昨日が良くなったのは毎度のことですが、新しいiPadのもっとも興味のあるところは、Apple Pencilが使えるようになったことです。

今までのiPadも、色々なタイプのスタイラスペンが発売されていましたが、紙に書く感覚とはかけ離れており、細かい文字や記号を書くことができませんでした。

このApple Pencilは、ほとんど紙に書く感覚に近い書き味があります。

紙にボールペンや万年筆で文字や記号など書く場合、紙とペン先の摩擦があります。また、インクの匂い感があります。

iPadApple Pencilでは、ガラスに書くわけなので紙に書く場合とはやはり異なります。しかしながら、Apple Pencilのペン先はかなり最適化されているので、遜色のない書き味が得られます。

iPadで手書き?と思われるかもしれませんが、タブレットPCやスマートフォンを使う場合、キーボードや入力や最近は音声を認識させて入力する機能もかなり使いやすくなってきましたが、書く内容の目的を考えると手書きで良いとなることもあります。

例えば、ジェのグラムやエコマップ

これらは、パソコンのキーボードとマウスを駆使して作成するとかなり面倒だと感じるかと思います。手書きしてしまった方が、何倍も早く、何倍も簡単な訳です。

 

キーボードで書いた文書や音声認識で書いた文字は、タブレットやパソコンの機能を使って検索ができるという利便性があります。

こう行った内容はテキスト入力した方が良いですし、テキスト入力して保存した方が良いです。

しかし、ジェノグラムやエコマップの中のテキスト情報を検索してもあまり意味のないことなので、作図しやすい方法を取れば良いわけです。

iPad AiriPad Air2はそろそろ引退の時期が来ています。

アローチャートに関わる皆様

無限の手書きノート、新しいiPadをプライベートやお仕事で活用してみませんか?

 

担当:ツクダニ