書類は、紙で持ち歩かれていますか?

居宅にしろ施設にしろ、様々な書類を活用して仕事をしていることと思います。

施設で働いていたころ書類の種類を整理すると200~300種類になっていました。

サービス数も多かったこともありますが、書類を書かないと行けないのが介護の仕事の特徴でもあります。

最近、国が書類の量を減らしたり、手続きの簡素化をする動きとなっています。

今年度は、指定申請等に必要な書類を簡素化する動きがあるようです。正直、現場からやってほしかったと思っていますが・・・

iPadのアプリにはPDFファイルをきれいにまとめて持ち歩けるアプリが沢山あります。

このアプリは、書類に書き込みをする機能が付いているものもあります。

iBooksというiPadに標準で最初から入っているアプリは、PDFファイルや電子書式を保存して閲覧するアプリです。

  • カタログ
  • 介護保険のQA
  • 仕事のマニュアル
  • 出版されている本
  • などなど・・・

なんでも持ち歩けます。

出版された本は、もったいないかもしれませんが、裁断してスキャナで読み込み、PDF形式にして持ち歩くことができます。

このように、iPadは、ちょうどよい大きさの書類庫になります。

身軽な生活を取りれてみませんか?

 

担当:ツクダニ