アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

あろーちゃーと散歩

優しく優しくなれるから

  優しく優しくなれるから今の悲しみは無駄じゃないそうだ 悲しみが優しさを生む 優しさが優しさを生む 優しくされたら優しくなれるのだろう 優しくすることで優しくなれるというのもありかな 優しくされたら素直になれ …

描く覚悟

  子どものいなかった夫婦は、二人の養子を育てていたが二人とも病気で亡くなってしまった。 その後、その夫婦が50歳と30歳になった年に男の子が一人生まれた。 その男の子は80歳になった。   80歳を …

90歳と1日

  主人はいい人じゃったね いい人も病気には勝てないね   出会ったのは 上の田んぼと下の田んぼ 主人が下の田んぼ 私が上の田んぼ 時候の挨拶をしたのが始まりよ   今日で私は90歳と1日 …

待合室

  まだ死にそうにない? 残念じゃな…   家を片づけていたら、東尋坊や屈斜路湖で一緒に写した写真がいっぱい出てきた 89になってもう一回独身をするとは思わんかった もう一度独身になれという試練を神さ …

5月のサクラ

  解決するなんて思ってない。 結果がほしいわけでもない。   積んだり崩したり…、やりとりが欲しいだけ。   それが欲しくて、「何か」を言うのよ。 返ってくる「何か」は何でもいいの。 &n …

石橋を叩く

  若いころは「高嶺の花」なんて言われてたわね。   その後は75年間戦争未亡人よ。 旦那さん? どんな人だったか忘れてしまった。   跡取りは私一人。 一人娘を育てながら、洋裁学校の先生を …

小芋の煮物

  呼吸が苦しい 食べるための体力がない 体がだるくて食べられない 痛くて座っていられない   妻の作った小芋の煮物が食べたい   でも、妻は急にこの世にいなくなってしまった   …

  家で過ごさせてあげたいけど体がかなわんのんよ。 膝さえなんともなかったらなんでもするのに。 娘が来てクルクルと動き回ってお父さんの世話を見るのはいやになる。   私は「お父さん」と離れたいんじゃな …

大丈夫

  「心配せんでもええよ、大丈夫だから。」 私が心配そうな顔をしていたのだろうか。 突然そう言ってご利用者は再び目を閉じられた。     「(膝は)治った?」 「あんまり無理しんさんな。」 …

葉桜の頃に

  葉桜に変わる頃の臺(うてな)の色が好きだ。   花の盛りはなんだかまぶしくて むせかえるような華やかさに少しだけ目を伏せたくなる。   それに比べて花弁が散り始めた臺の色はやさしい。 少 …

« 1 2 3 4 16 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.