アローチャート研究会の情報をお届けします

ブログ

震災と介護

9月6日に北海道で大きな地震がありました。夜中の地震であったこともあり、交通事故やエレベーターへの閉じ込めなどはあまり聞かれませんでしたが、全道ほぼ一斉に停電。ブラックアウトしました。筆者は、その時根室近くの中標津に滞在 …

短文道場~その73~

新しい と 古い きれい と 汚い をごちゃ混ぜにされている方 いらっしゃいますよねぇ。 神社仏閣などは何百年経っていても 手入れが行き届いてきれいな状態です。 車や家も 新しいからきれい 古いから汚い とは言い切れない …

Q:自分を疑う

客観的事実の中に書きこむ言葉。 書きこんだあとに、もう一度、読み直してみる。 それは事実なのか。 もしかして、解釈・判断された状況を表している言葉ではないのか。 そして、それは、誰が解釈・判断したものなのか。 描くことで …

ありがとうを伝えたい

朗らかに話す利用者さん。 思わず笑っちゃう話。 楽しい時間を利用者さんは下さる。 でも、その裏側に どんな想いを持ってらっしゃるのか… 「私はそれも聞かせていただきたいのですよ(^^)」 そんなこちらの想いがなんとなく伝 …

平成30年9月8日

学びは辛さを伴う 自分の無知を知り力量が明らかになるからだろうか もっと知りたいと湧き出る気持ちにむせ返りそうになるからだろうか   辛いけれど、それでも、 目の前のご利用者のためにと 藁をもすがる思いで求め続 …

【下関ナラティブゼミ レポ⑧】深みにはまる

ナラティブゼミレポート最終話。 今、主体的な学びの場から無事帰宅し、4日間を振り返っている。 ゼミ当日まで、 精鋭揃いの中に飛び込み学びについていけるだろうか。 そもそも『ナラティブ』のイメージがつかない。 といった様々 …

【下関ナラティブゼミ レポ⑦】私に足りない物

ゼミ前日 明日は、7時15分に駅。遅刻しそうな予感。 不安が大きく眠れない。 ゼミ当日 いよいよ。頼んでいた本は間に合わず、ノートと筆箱持って参加。 「おはようございます」ドアを開ければ、そこには懐かしい仲間の姿。 学び …

Q:一人じゃない

アローチャートを描くとき。 その空間にいるのは一人かもしれない。 でも、決して一人で描いているのではない。 アローチャートを描くとき。 そこには、必ず利用者がいてくれる。 そして、もう一人の自分がいてくれる。 アローチャ …

【下関ナラティブゼミ レポ⑥】自信

【自信】(デジタル大辞泉)自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考えや行動が正しいと信じて疑わないこと。 私は白・黒どちらかはっきりと答えを出したい性格であり、自分の中で「こうだ!」と言えるものがないと意見を表に …

【下関ナラティブゼミ レポ⑤】リフレーミング

今回のゼミの課題図書は『やさしいベイトソン』でした。果たして・・・やさしいはずのベイトソン氏は時に気難しく時に厳しい顔をして、私にはなかなか微笑んでくれませんでした。 ゼミは課題図書の抄読からスタートし、「ことば」にある …

1 2 3 138 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.