隊長

【隊長】

そう呼ばれるようになって久しい。

きっかけは、友達がSNS上でそう呼び掛けたところ、吉島先生が目にしてくださって以来、吉島先生からそう呼ばれるようになり、アローチャート研究会の中でも根付いた。

『1 軍隊で、一隊の兵士の指揮権をもつ人。
 2 ある目的で集まった一団・一隊を統率・指揮する人。「観測隊の―」
 ※ デジタル大辞泉より』

軍隊を指揮している状況ではないので、【リーダー】という方がイメージしやすいだろうか。

初めに呼び掛けてきた友達が、私の中にリーダー的な素質を見出していたかどうかは定かではない。

しかし、子どものころからリーダーの立場に身を置く機会は多かった。

 『リーダーとは、定めた目的に到達するため、周囲を導く人のこと。周りを引っ張る大きな力となります。
  ※カオナビ人事用語集より』

リーダーについて勉強したことはないが、常日頃なんとなく良いリーダーでいたいと考えている。

ある時は、学会に行くための仲間を募って、自家用車に乗せて引率したり
ある時は、学会に行く仲間の航空券や宿を手配して、旅のしおりを作ったりして引率したり

近年では頼まれもしないのに、学会の『裏プログラム』を作成している。
参加者や誰から見てもわかるのが表のプログラムに対し、裏方の動きなど参加者からはわからないけれど、裏方の人が見れば動けるように詳細に記したものである。

学生時代のゼミでレクリエーションを学問として取り組んだ時に、裏プログラムの作成を勉強した。
これも子どものころから、ある教育団体に所属して、子どもたちとレクリエーションをするプログラムを作ってきた経験が役に立った。

今年も
『2022アローチャート学会 ONLiNE & …』
隊長がどのような裏プログラムを描いたのか、想像をしながらご参加いただくのも違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

by隊長

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

グローカルについて