アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

アローチャート事始め

Q: それ、ほんと?

私たちは、さまざまな事象や、それにともなう考えや感情に向かい合っています。

Q:言葉を選ぶ

集められた情報。 事象は一つ。でも、その意味は、事象をとらえる人によって異なります。

Q:切り口

生活全般から必要な情報を集めて、さてアローチャートを描くぞ!と思って、まず、何をしますか?

Q:フィードフォアード

そのクライアントのために、何をすればよいのか。

Q: 「難しい」ので・・・

先日、ある研修に参加してきました。 午前中の研修がおわり、提出されたリアクションシートの多くに「難しい」という意見が書かれていたそうです。

Q:PPAP(^.^)

とにかく、描かなけれ始まりません。

Q: 発散→収束、その次へ

アローチャートでは、客観的事実同士の関係については、主に→で、その因果関係を描き表していきます。

Q:上流・下流

川の流れにおいて、水源に近い方が上流、河口に近い方が下流といわれるのは、言わずもがなですが・・・

Q:シンプルに、でも・・・

分析には、因子分析、クラスター分析、主成分分析、分散分析、などなど、たくさんの方法があります。

Q: 伺ってみましょう!

サービス担当者会議の開催は、その人、その人のチームを作るための大事な業務です。

« 1 2 3 4 15 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.