悪循環をみつけたら、そこにはニーズが隠れている可能性が高い。

循環しているので、情報には必ず→が出ている。

これ以上→がでないところという探し方はできない。

なので、発想を変えて、長期目標となる事柄を探してみる。

長期目標は、解決に時間がかかるであろう事柄。

だとすれば、悪循環をつくる情報の中に入ってくる→が多いものは、それだけ解決に時間がかかる。

だから長期目標検討項目としてあたりをつける。

そして、そこに訴えがないか、ニーズがないかを探ってみる。

これが、最初。

(投稿 @あろま)