アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

アローチャート事始め

Q:集めるために発信する

アローチャートを描くにも、情報がないと始まらない。 なので、「うまく描けないのは情報収集が足りないからだ」と感想を述べられる方も少なくない。 では、どうすればうまく情報収集ができるのだろう。 収集することとセットで考えて …

Q:手描きの勧め

あなたは、 手描き派ですか? デジタル派ですか? 描けるなら、どちら派でも構いません。 でも、最初はやっぱり手描きをお勧め。 手描きで描ければ、デジタルでも描けるから。 (投稿 @あろま)  

Q:次をみつける方法

「やらないとい」うことは、今を続けるということ。 「やる」ということは、これからを変えるということ。 どちらの道も、あなたの道。 どちらが良くて、どちらが悪いということではない。 どちらの道も、あなたが選んだ道なのだから …

Q:身近なところで(2)

先週は台風21号。今週は台風22号と続けての雨模様のため、こちらも先週の続きをしてみましょう。 続きを検討するのは【「雨が降っているので」のB)買い物に行けない】の例です。 先週は、「雨が降っている」→(ので)「買い物に …

Q:身近なところで

各地で行われている勉強会等では、利用者さんのアローチャートを描く前のアイドリングとして、「短文事例を描いてみる」「自分のことを描いてみる」といった工夫をされているようです。 まずはアセスメントをと身構えず、身近なところで …

Q: 全体≠部分+部分+部分

アローチャートを描いた後に、つながりをチェック。 「?」と思ったところをもう一度、考え直して「!」として納得する。 でも、そこを考え直したがゆえに、 最初は「これで良し」としていたところが「?」となってしまう。 そして、 …

Q: あゆみ

アローチャートを、どうして知りましたか? そして、どうしましたか? 研修で知ったという人。 本で知ったという人。 SNSで知ったという人。 知ってから、すぐに夢中になったという人。 すぐにではないけど、離れきることはでき …

Q:短くても

例えば、「病識がない」と「病識を持つことができない」 例えば、「見つからない」と「見つけられない」 似ているようで、その言葉の持つ意味や背景は異なる。 〇の中に書かれる言葉も、 短い言葉だけれど、 短い言葉だからこそ、気 …

Q:白紙

アセスメントは、一度だけでは終わらない。 いろいろな場面で、何度も繰り返される。 要介護認定の更新や区分変更申請を行ったとき。 新たな問題が生じたとき。 支援が滞ってしまい、うまくことが進んでいかないとき。 等々。 その …

Q: 情報の扉を開ける

アローチャートを描いていて、「ここに情報が不足している」というときには「?」を使います。 ですが、「?」でない情報であっても、情報収集のきっかけとすることができます。 たとえば「脳梗塞」という疾患名が描かれたとします。 …

1 2 3 17 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.