アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

アローチャート事始め

Q:業務上日常的行為

ある日のケアマネジャーの電話でデイサービスの依頼。 「もともと一人暮らしで、閉じこもりがちだったようなんですが、 娘さん宅に引き取られて、地域もわからなくなっちゃって、 ますます閉じこもりがちになっちゃったんですよね。 …

Q:落とし穴

日常生活は連続。 想像は断続。 (投稿 @あろま)

Q:探しにいこう

未来のことは、誰にもわからない。 わからないからこそ、いろいろなことを想像することができる。 そして、それを実現する方法だって、いろいろとあるはずだ。 でも、残念ながらいくつのものことを同時に試すことことはできない。 だ …

Q:帰るところ

アセスメントに迷う。 支援に迷う。 連携に迷う。 迷ったら、帰るところがある。 いろいろなことを教えてくれた師のもとへ。 いろいろなことを共に悩んでくれる仲間のもとへ。 なぜ、私はこの道に進んだのか。 私が行うべき態度、 …

Q:もう一つの覚悟

アローチャートを描き終える。 数日置いて、もう一度見てみる。 なんだか違和感を感じる。 一度、描いたものを壊すのは怖い。 それは、もしかしたら最初に描く覚悟以上なのかもしれない。 (投稿 @あろま)  

Q:行動するために

アローチャートにTRY。 クローズドクエスチョン→「描いてみますか?」 オープンクエスチョン→「どうすれば描けると思いますか?」 問いのたてかたで、行動も変わる。 (投稿 @あろま)

Q:分析から情報収集へ

とある研修でのリアクションシートより 「転倒の原因も大切ですが、転び方や場所をアセスメントする事により 何が必要か見えてくると思いました」 「現状をよく見てアローチャートを描いて 次に何の情報収集が必要なのかを確認してい …

Q:一瞬

認定調査に立ち会わなくても良いかな、と思っていた。 が、念のため、立ち合いの有無を確認した。 介護の状況がシビアなケースだった。 その人の目から、光るものが見られた。 とっさに「私も、立ち会いますね」と言った。 その一瞬 …

Q:つなぐ、その時

アローチャートを描く。 最初の情報を、どこかに描き入れないわけにはいかない。 どこに描いてもよいといわれると、余計に迷う。 でも描かないと先には進まないので、とにかく描いてみる。 次は、最初の情報につながる情報が何かを探 …

Q:向き合うもの

その人は言った。 「愚痴れないんです」と。 長女として育ち、 嫁として、 妻として、 母として、 今がある。 その人を支える価値観とは、どのようなものなのか。 価値観に沿った支援も大事。 でも、その価値観を変えていくこと …

1 2 3 23 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.