アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

アローチャート事始め

Q:鳥瞰

鳥になってみる。 そして、あの時の出来事をよみがえらせてみる。 まるで、他人事のように。   そして、語ってみる。 そんな時間があってもよい。 (投稿 @あろま)

Q:Choice

「木を隠すには森の中」という言葉があります。 物を隠すなら、同種のものの中に紛れ込ませるのが良い、という意味の慣用句です。 アセスメントを行うのに、 事例検討を行うのに、 情報は欠かすことができません。 しかし、多くの情 …

Q:ありたい自分

困りごとがある。 こうありたい自分を思い描く。 すると、現実からのずれの間に課題が見えてくる。 未来完了からの遡及推論。 これも、思考のクセにすることができるかもしれない。 (投稿 @あろま)    

Q:目標設定

目標の設定。 一つは、原因を縮小したり、取り除くことができるように目標を設定する。 でも、原因を縮小したり、取り除くことができないができない場合は、 新しいモデルを導き出す。 どちらも分析するからこそ、考えられるのかも。 …

Q:コツをつかむ

先日の研修で「アローチャートを上手く描くコツを教えてください」と質問を受けました。 確かに何かをしようとするとき、コツをつかむと、作業がはかどるということがありますよね。 では、自分が「そっか、こういうことか!」と「コツ …

Q:自分を疑う

客観的事実の中に書きこむ言葉。 書きこんだあとに、もう一度、読み直してみる。 それは事実なのか。 もしかして、解釈・判断された状況を表している言葉ではないのか。 そして、それは、誰が解釈・判断したものなのか。 描くことで …

Q:一人じゃない

アローチャートを描くとき。 その空間にいるのは一人かもしれない。 でも、決して一人で描いているのではない。 アローチャートを描くとき。 そこには、必ず利用者がいてくれる。 そして、もう一人の自分がいてくれる。 アローチャ …

Q:その時

ある日の訪問。 面談しながら、 「私(=介護者)がいなくなったら、この先、どうなってしまうのだろう」 という訴えに対し、 とっさに「避難訓練のように、介護者不在練習をしてみれば?」と提案。 「とっさに」というその時に、 …

Q:隙間

アローチャートを描く。 情報や、→やギザギザが複雑に絡み合ってる。 本当に、これでよいのだろうかと不安にもなる。 しかし、そこから思考を整理し、情報や→を取捨選択していくと、 描かれたアローチャートに隙間が生まれてくる。 …

Q:仕切り

情報を、〇や▢で囲むというということは、 対象とするものを、他のものから切り離すという作業。 そうすることで、多少、大きさや形が不ぞろいであっても、 同じものを、同じこととして認識することができるから。   人 …

« 1 2 3 22 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.