アローチャート研究会の情報をお届けします
ブログ

アローチャート事始め

Q:スキルの違い

ずっとBLOGの記事にしたいと、温めていることがあります。 自分の頭の中では、それがわかっています。 おそらく、研修だとか、事例検討の場だとかで、 口頭であれば、伝えられるだろうと思っていますし、 今までも、口にもしてき …

Q:小さく行動

ケアプランを作成する。 そのためには、アセスメントをする必要がある。 そのためには、情報が必要であり、 それらの情報から、何を読み取るのかという分析が必要である。 その分析を行うために、何が必要なのか。 行動を、どんどん …

Q:引き出し

情報を集める。 だけど、今、それが必要なのかというとそうではないかもしれない。 知識を集める。 だけど、それらのすべてがわかって使えることなのかというとそうではない。 そういうときのために、 引き出しを用意しておこう。 …

Q:百景

描く。 とにかく描く。 繰り返し描く。 前との違いを意識しながら描く。 その話を聞いた時のことを思い出しながら描く。 その人のそれまでの暮らしを思いながら描く。 心を真っ白にして描く。 一人で描く。 グループで描く 紙に …

Q:事実?

自立。 見守り。 一部自立/一部介助 全介助。 よく使いますよね。 では、これ、事実ですか? (投稿 @あろま)  

Q:描くは始まり

2019年が始まりましたね。 今年もよろしくお願いします。 ****************** 12月分の給付管理を終え、年末に新規依頼のあったかたのアローチャートを描きました。 アローチャートを描き終えて、情報が足り …

Q:もう一人の自分へ

「なぜ」を考える。 それも、自分自身の。 「なぜ」、今日はパンを食べたいと思ったのか。 「なぜ」、そのことを言われた時、悲しいと思ったのか。 「なぜ」、あのとき、あのような行動をとってしまったのか。 「なぜ」を考えるのは …

Q:鳥瞰

鳥になってみる。 そして、あの時の出来事をよみがえらせてみる。 まるで、他人事のように。   そして、語ってみる。 そんな時間があってもよい。 (投稿 @あろま)

Q:Choice

「木を隠すには森の中」という言葉があります。 物を隠すなら、同種のものの中に紛れ込ませるのが良い、という意味の慣用句です。 アセスメントを行うのに、 事例検討を行うのに、 情報は欠かすことができません。 しかし、多くの情 …

Q:ありたい自分

困りごとがある。 こうありたい自分を思い描く。 すると、現実からのずれの間に課題が見えてくる。 未来完了からの遡及推論。 これも、思考のクセにすることができるかもしれない。 (投稿 @あろま)    

« 1 2 3 22 »
PAGETOP
Copyright © arrowchart.jp All Rights Reserved.