最初の子を流産した時、

医者から“子供はできないかもしれない”と言われた

それでも時は流れ、吾子を初めてこの手に抱いた時

「我が子とはこんなに愛しいものか」、涙がこぼれた

娘の花嫁姿をみること、それがわたしの夢となった…

 

癌という病を患った時、

“この子らの晴れ姿は見れないのか”と不安に苛まれた

いつしか時は流れ、わたしの夢は形になった

愛し娘の晴れ姿を目にした時、想いが昇華したのを感じた

 

一つ一つささやかな夢が叶って行く

孫をこの手に抱くこと、それがわたしの夢に変わった…

娘が生んだ吾子を初めてこの手に抱いた時

「孫とはこんなに可愛いものか」、涙があふれた

 

娘の伴侶となった優しいひとは、娘を紹介する直前に大切な母を亡くす

可愛い孫をどんなにかその手に抱きたかっただろう…

 

息子の伴侶となる可愛いひとは、息子と知り合った頃に大切な母を亡くす

愛しい娘の花嫁姿をどんなにか見たかっただろう…

二人の母に、想いを馳せる

そしてわたしは…

夢を乗せて、母を生きよう

 

@くんちゃん