知らなかったことを知る。

でも次に進もうとすると、そこには壁がある。

知れたけど、分かったかというとそうではない。

何が分かって、何が分からないのか。

それを繰り返し、繰り返す。

そして、分かったなら、できるのか。

やっぱり、そこにも壁がある。

わかったからやろうとすると、今と違うことをしなければならない。

慣れないことをするので、うまくいかない。時間もかかる。

なぜうまくいかないのか。時間がかかるのか。

そして、そこに気づきが生まれる。

そして、繰り返す。

いつか、それがいつもになる。

一人でその道のりを歩むとき、そこには諦めという壁があるかもしれない。

でも、共に歩んでくれる仲間がいれば、

諦めという壁は可能性という頂にかわるだろう。

(投稿 @あろま)