あの日、

 

立ち去ろうとした私の手をつかんで

 

彼はこう言った。

 

 

 

「もう一度、やり直せないか。」

 

 

 

その手を振り払い、私は走った。

 

 

駅の改札を通り、

 

ふと鏡を見ると

 

涙でボロボロになった顔が映っていた。

 

 

“あ・・・”

 

 

急いでトイレに駆け込み化粧を直した。

 

 

この時すでに、

 

 

彼のことなど忘れていた。

 

 

 

 

(おしまい)

※ストーリーはフィクションです。

 

By Dee