この連休は各所で運動会や敬老会が催されたのだろうか。

私も土曜日は小学校の運動会、日曜日は自治会の敬老会であった。

高齢者施設等でも敬老会などが開催される時期であろう。

私の自治会では敬老会は70歳以上を対象としているが、お隣の自治会では75歳以上となっている。

高齢化がすすみ、70歳以上では参加対象者が多くなり予算が厳しくなっていることや、70歳で敬老者として扱われることに対して否定的な考えを持つ人が増えたことが理由に挙げられる。

当自治会でも75歳への年齢の引き上げや欠席者へ配布していた記念品の廃止などを検討し始めているが、なかなか線引きも難しく、2年ほどかけながら結論をだしていく計画である。

【多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。】

これが、敬老の日の趣旨とされる(国民の祝日に関する法律)。

「敬老会への参加案内がくると、急に年をとった気がする。」
「私は敬老者になったと思っていない。」
「まだ敬老会に出るような年齢には思えない。」

実際に耳にするセリフだ。

少子高齢化が進む社会において、70過ぎても現役の方は多くいらっしゃるのも事実。

敬老の日でいう老人とは……なかなか難しい。

@若頭