58歳、進行がんステージⅣの彼は、

自身の予後を週単位・月単位と聞いていた

 

でも、生きたかった。

娘はこの春大学に入学したばかり

妻は家庭を支えるため仕事に明け暮れている

 

『娘の成人式の晴れ姿をみたい』

それは、一年後の彼の目標

『2階に上がってベランダに洗濯物を干したい』

これは、一日の生活の目標だった。

 

ささやかな毎日の暮らしを続けるために

妻のために家事を手伝ってやりたい。

でも痩せ細った彼の体力で食事の支度は無理、掃除もできない。

「せめて洗濯物が干せるようなりたい」

妻を少しでも楽にしてあげたい、彼の望みはそうだった。

 

そう話す彼を見つめる妻の目は冷ややかに宙を舞っている。

彼女の胸の内も聞きたいと思った…

でも「私は別に…」いつもそう言い、

冷たい空気と捨てるような言葉を残し部屋を後にする

彼女は夫と目を合わせようとしなかった。

 

程なく彼は入院し、退院後はサ高住に入居した。

彼のささやかな望みは空に浮いたまま、駆け足で夭逝した

 

後に担当ケアマネから聞く

「最後の場面には娘さんが立ち会えました…。

結局、奥さんはすれ違ったままでしたね」

彼と彼女の夫婦の暮らし、彼と娘の親子の暮らし

‥紡いで来た暮らしはどんなだったろう

わかって欲しい と わかってたまるか

ふたつの思いは交錯したまま、再び交わることはなかったのか、、、

 

望む暮らしは誰のもの?、望む暮らしは誰のため?

 

@くんちゃん