コロナ禍【ころなか】:新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による災難のこと。
社会的・政治的・経済的な、混乱・不安・損失などを総称した言い方。

 

対面での研修・勉強会ができない期間、オンラインでの研修などが増えました。皆様の周りでもそうでしょう。
私もオンライン研修・勉強会、会議、飲み会などなど参加はしましたが、オンライン独特の「間」が苦手です。
対面での流れが感じられないからでしょうか、発言の機会を見失ってしまいます。
五感を働かせればそこに漂っている非言語を私が受け取りにくいからなのかとも思います。

コロナ禍が落ち着いたとしても、オンライン○○は続くのでしょう。
自宅などにいて、仲間や友達の顔を見ながらお話しできる手軽さ。今までは時間的に難しかった勉強会にどこからでも参加できますし、遠くで行われている研修などにも自宅などにいながら参加することもできます。
実際に私も行きたくても行けなかったかった勉強会やトークイベントに参加しました。

無理にオンライン○○に慣れる必要もないのかもしれません。でも、オンラインで勉強会などを開けるように、アプリのお話を伺う機会に巡り合えました。こういう機会をいただくと、何か企画してみようかとも考えてしまいます。
誰もが何かを手軽に発信できる便利な時代。最近は、勉強会などが多く企画・開催されていて、飽和しているようにも思えます。私が行ったところで需要はあるのか?そんな風にも思う次第ではあるのですけど。

 

 

@memi