私達は、専門職として、「こうでなければならない」という行動規範を求められることが多くあります。ケアプランについても「アセスメントに基づくケアプランでなくてはならない」というように。

 

では、アローチャートに関しての「ねばならない」は、あるのでしょうか?

あるとすれば、

「ので」の関係は「ヤジルシ」で、「けれど」の関係は「ギザギザ」でつなぐ、ということくらいでしょうか。しかし、どれとどれとが「ヤジルシ」の関係で、どれとどれとが「ギザギザ」な関係かは、もちろん自由です。

 

★主観か客観かの□や◯も、どうしても迷うようであれば「私は迷っているので△としています」もありです。

★本人と家族のことを区別するために、色を付けてみました

★このことについてはとても大事なことなので、太枠で囲んでいます。

★このことについてはとても大事なことなので、枠を大きくしています。

などなど、

いろいろ工夫をして、説明しやすくしていってください。

 

そういえば、「ギザギザ」も、北九州では「ギジョギジョ」と言ったり、若い学生さんたちは「ギザリー」と言ったりともされているそうですよ。

(投稿@あろま)

☆「アローチャート研究会入会」ご希望の方は当ブログページトップ「アローチャート研究会会員の募集」からどうぞ!


「第1回学会」はおかげさまで満員御礼となりましたが熱~い勉強会・研修会は全国各地で開催中です!
なんと11月は北海道ツアー敢行!
29日(土)~Arrow Chart研修in小樽~
30日(日)~Arrow Chart研修in札幌~
詳細は、コチラをクリック!!

プレゼンテーション1