ケースをアローチャートで描いてみよう、というときは、

A4の大きさの紙を用いることが多いです。

研修では、もちろん白紙ですが、実務では、プリントミス等でたまってしまったA4の裏紙でOK。裏紙を使うと、「う~ん、うまく描けない(+o+)」というときでも、「描きなおすための紙は、たくさんある!」という安心感をもたらしてくれます。

この時、そのA4の用紙を縦置きにするか、横置きにするか

皆さんは、どうしますか?

 

答えは、これまた「どちらでもOK」なのですが、

私のお勧めは、横置きです。

そして、最初の情報を、用紙の中心より左斜め上あたり描きだすことが多いです。

プレゼンテーション1

《投稿:事務局@アロマ》