ゴロゴロ、ゴロゴロでしょうか。

ガラガラかな?

 

アローチャート学会と聞いて

僕が連想する音です。

 

そう、全国各地から集まってくださる

皆さんのキャリーバッグの音です。

 

英語圏では、トロリーバッグとか

トロリーケースと言うそうです。

 

その音に、僕は「長い長い旅程」を

重ねてしまいます。

 

どれほどの距離を

ゴロゴロ、ゴロゴロと移動してこられたのか!

 

集まってくださる方々の、

その胸には何が秘められているのだろうか?

 

そんなことを考えると

お出迎えしなければ勿体ない。

 

だから、僕は、なるべく

ホテルや研修会場の玄関近くに陣をとります。

 

僕にとって、ゴロゴロ、ゴロゴロは

すでに、音ではなくて「聲」なのです。

 

熊本でゴロゴロ、ゴロゴロをお待ちしています。