情報と情報のつながりを考えろ、って言われたな~。

このAという情報によって、何がしょうじているんだろう?

このAという情報は、何によって生じたのだろう?

わからないことは「?」にしておくんだったよな。

ん?

なんだか「?」だらけになっちゃった(-_-;)

 

このBという情報は、このCとつながるのかな?

よし、つなげてみよう。

もしかして、こっちのDともつながるかな?

よし、つなげてみよう。

ん?

なんだか、つながりがごちゃごちゃして、

余計にわかんなくなっちゃった(-_-;)

 

そんなとき、どうするか?

答えは、迷わず、面接にもどれ!です。

刑事さんは、捜査にまよったら現場に戻れ!というそうです。

あれ?刑事ドラマの見すぎ(笑)

ケアマネジャーの現場は、パソコンではなく、利用者さんと向かい合うことです。

情報やつながりに迷いが生じたら、迷わず、利用者さんと向かい合いましょう。

 

すると「?」のことを、意識的に聞こうとするでしょう。

ごちゃごちゃになったつながりを整理しようと、考えながら、利用者さんの声を聞こうとするでしょう。

このとき、もちろん、尋問的に聞くのはNGですよ。

利用者さんが、語りたいように、語っていただく。このスキルは、また、別の学びが必要です。

でも、自分の思考を意識することで、「聞く」という受け身な行動が、能動的な行動にかわりますよね。

利用者さん、あなたのことを教えてください、と

(投稿@あろま)