「こんなにゴチャゴチャになってしまって」

「なかなかうまく描けない」

と、手が止まってしまうことがあります。

うん!とっても素晴らしいことです。

だって、きっとその方を理解しようと、頭の中はゴチャゴチャしているはずです。アローチャートは、そのゴチャゴチャしていることを「見る」ことから初めて、整理をしていきましょう、というものです。なので、ゴチャゴチャしていて、よいのです。

 

ゴチャゴチャした頭の中を「見る」ことによって、どこがゴチャゴチャしているのかを、一定の構造、すなわち「関係」にそって、確かめていくことができる。そのこと自体が、アセスメントであり、論理的思考を身につける早道なのだと思います。

 

ゴチャゴチャ、万歳!

 

(投稿@あろま)