「あんたと話すと元気が出るよ」

ご利用者にとって専門性をふりかざすよりも

例えば、

あんたと話すと元気が出るよ

そんな言葉を頂けるような存在になりたい

ご利用者は「職種」を見ているのではない

「人」を見ていらっしゃるから

だから

謙虚で誠実でありたいと思う

そのうえで知識と技術があれば申し分ない

91歳で肺がんと診断され

化学療法を受けることを決断されたご利用者を前に

人を支援するとは何か

自分に問い直している  (投稿者@まるあ)