北海道小樽市で開催された、アローチャート学会 北海道大会が閉会し1週間が過ぎた。

未だ興奮冷めやらず…という方も多いのではなかろうか。

今回は参加が叶わなかった方々も、来年の東京大会は検討してみてはいかがだろうか?

小樽の地から、それぞれの地域へと解き放られた矢は、早くも各地で動きを見せているように感じる。

新たな勉強会の模索や、研修会の開催企画など、私の耳に入ってきているだけでもいくつかある。

アローチャートについて、学びたい、体験してみたいなど一人の声が地域の声となり、大きな力になることもある。

「足踏み、胴造り、弓構え、打起し、引分、会、離れ、残心」

弓道の基本動作と言われるものであるが、同じ「足踏み」でも最初の動作となるか、停滞とするのかで大きく異なる。

まずは「足踏み」の構えから始めてみてはいかがだろうか?

アローチャート研究会へご連絡いただければ、お力になれることはあるはず。

地域のなかで…始めてみませんか?

@若頭