☆shan note☆ ace of acs

emotive chained and unchained. mistery of your mind and behavior.

皆様、お疲れ様です。

すっかり朝晩の冷え込みが厳しくなってきた東京
先月、学会が開催された小樽の方が体感温度が高かった気がするぐらい
日が短くなり、薄暗くなって事務所に戻ると芯まで冷えた身体を温めてからじゃないと仕事が出来ません。

日々の営み、街の喧騒で強制的に日常に引き戻されながらも思い出す小樽

気がつけば2週間が経過した今、明らかにこれまでとは違う感覚で過ごしています。

それは何故か。

次年度のアローチャート学会の開催地は??

そうです。第5回アローチャート学会東京大会 決定いたしました。

「本当に大丈夫なんだろうか」と思う反面、「あんなことがしたい」「あの人の話が聴きたい」「どんな伝説が生まれるのだろう?」「誰に無茶ぶりしてやろうか?」「先生は何を履いてくるんだろうか?」「グランドピアノを用意した方がいいのか?ww」「とにかくビールが出てくるのが早い飲み屋はどこにあるか?」等々、既に頭がぐるぐるしています。

と言うことで、今月より実行委員会が始動します!

「アローチャート学会は参加者全員でブレインストーミングしているみたいなものだから」
小樽公会堂で師が発した言霊を体現できるよう、そして、これまでの開催地から脈々とつながる思いを胸に、アローチャートの進化、深化も目指していく。

今後、詳細は、順次この場を借りてお伝えしていきます。

様々な人の夢、希望、挫折、絶望等々を飲み込み続けてきた首都東京で皆さんをお迎えできることを楽しみにしております。

投稿者@しゃん