「〇〇ちゃん(私の名前)、病院まで乗せていってくれん?」

 

幼いころから皆が私のことを知っている。

初めて歩いた日のことも

ランドセルを背負って通学していた時のことも

学生時代も

子どもが生まれてからも・・・

もちろん今でも。

 

「〇〇ちゃん」と見守っていてくれるじいちゃんばあちゃんたち。

家族とはまた違う温かさに包まれて大きくなり

当たり前のようにあった「何があっても大丈夫」という”安心感”

 

 

 

あの時、見えない”安心感”を与えてくれていた人たちが

高齢化とともに減っていく友人、増えていく空き家を見つめ

「自分に何かあったらどうしよう…?」

「病院にはどうやって行こう?誰か見つけてくれるかな?」

自分にも地域にも”不安”を感じることが多くなってきた。

ほとんどが独居や高齢世帯。

 

 

そうだ!今度は私が「見守る」番だ!!

「〇〇ちゃんがおったけん良かった!」

 

 

できるだけ「ここ」でくらせるように

安心できる場所であるように

「地域」と「地域でくらす人たち」への恩返し。

(投稿者@Hanna)