琵琶湖は春夏秋冬と美しい姿を見せてくれます

特に春の琵琶湖は美しい。

春は多くの草木が芽を出し新しい命が宿る時期。

琵琶湖の周りで行われているアローチャート勉強会も新たな参加者が来て、昨年度とは違った雰囲気に様変わりしています。

5月は四ヶ所の滋賀での勉強会に参加。それぞれの勉強会で違ったアローチャートの取り組みをしました。

○アローチャート堅田→前回sapacで手立て・見立てを整理した事例のその後、どうなったのか、再度、sapacで再アセスメントならぬ『再sapac』を実施

○アローチャート竜王湖南勉強会→sapacではなくアローチャートのみ描いて事例を見える化して気付きを話し合う

○アローチャート出張講座→ケアプラン二表から逆引きアローチャート

○アローチャート膳所→sapacを用いて事例検討会

振りかえると、四ヶ所で違う内容の勉強会になりました。『アローチャート勉強会』の内容は勉強会によって少しづつ違う。奥が深い。今年度もアローチャートを用いて、多くの事例を考え、学びを深めたいです。