下関
今回で6回目
会場周辺の地理にも明るくなりつつあるw

アローチャートに出会わなければ、
こんなに足を運ぶこともなかったんだろーなーなんて思いながらのゼミ参加

毎度毎度、脳みそが耳から流れ出そうな時間
「嫌いじゃないくせに~」
そう、こんな時間がたまらなく好きなんです

決して答えのない下関ゼミ
「答え」はないけれど、「導き」はある
時には師から、時には仲間から

そして、その「導き」から「自分なりの答え」を見つける
いつもの毎日の中で
下関での学びのたびにそうしてきた
今回もそれにチャレンジしている

@スワン