アローチャートの研修を行う中で、「難しい」という声を聞くことの一つに、

描いたアローチャートからケアプランに展開するときに、

目標をどう書けばよいのかがわからない、ということがあります。

特に、悩みの種となるのが短期目標でしょうか。

短期目標は、ニーズや長期目標に対して

短期目標の設定した期間の終わりに、「まず、できている行動」をイメージしてみます。

できている行動なので、その姿を写真に撮ったり、動画で残すことができます。

あれ?

写真に撮ったり、動画に残すって、どこかで聞いた言葉ですよね。

Start – Enter Computer Keyboard

アローチャートを描く。

目標とする(できていない)情報を特定する。

アローチャートにする情報は、生活の中から切り取ってきていますから、

その切り取った言葉を生活の中に戻して、その目標期間の終わりに

どのような(できている)生活を送っているかをイメージして、言葉にする。

目標の設定のためには、その方の生活を想像・創造できることがポイントになるといえるかもしれません。

(投稿  @あろま)