先週に引き続き、アローチャートを描いた後の検証についてを考えてみます。

先週は、それぞれの情報の性質、即ち(+)と(-)という性質によるつながりの検証を行いました。

こんどは、原因と結果の関係、即ち、時間の流れについてを検証してみます。

たとえば、「動悸がするので受診をしたら不整脈と診断された」を、

「動悸→不整脈」としていませんか?

このように描くと、不整脈の原因が動悸となりますね。

他にも、語られたように描くことで、原因と結果を逆につないでしまっていることが、よくあるように思います。

客観的事実における原因と結果の関係には、時間の流れがそこにあります。

時にはわかりにくいものもありますが、ちょっと立ち止まって、どちらが先で後なのかを、考えてみましょう。

 

(投稿 @あろま)